ワキガ防衛に脱毛が効果的な背景は?

ワキガ防衛に脱毛が効果的な理由は、脇の下を清潔にしやすくなるからです。
ワキガはアポクリン汗腺が根本的な原因ですが、こういう汗腺から汗が出るだけでは悪臭にはなりません。こういう汗には脂肪やたんぱく質、アンモニアなどが塞がり、人肌の常在桿菌に解体されたときに悪臭が出ます。そのため、毛がなくなる結果常在桿菌が増大しにくくなり、汗も拭き取り易くなるため、悪臭を抑えられます。
但し、脱毛しただけでは原因となる汗腺や発汗には魅了がないことに注意します。脱毛の際に周辺の人肌も熱せられますが、これは汗腺を破壊するだけの役割はありません。髪の毛がなくなっただけでは汗も人肌の常在桿菌も存在する結果、オーバーホールは欠かさずに行います。
また、お隣の汗がどうしても手広くなく、汗が出ても直ちに拭き取れる程度であったり、よく臭いをかがないと思い付かような軽度の症状は改善できますが、重度の場合は効果的ではありません。このような場合はワキガ専門の診断が必要です。

▲ページトップに戻る