全身脱毛を完了させるために発毛サイクルをわかる

全身脱毛を確実に完了させるためには、脱毛置き場それぞれの発毛サイクルを知っておく事が重要であり、適切な折に手当てを受けなければ脱毛インパクトを最大限に始動できません。
例としてわきの下や水着LINEなどは概ね4ヶ月流れという長目の傾向を持ちますが、面持の毛は生え入れ代わりのタイミングが短く約2ヶ月おきの発毛サイクルとなります。
従って、生え変わる流れがバラバラである以上は全身脱毛に対して共々手当てを行えない心配が想定され、部位別に違うタイミングで脱毛しなければならない状況も多くあります。
一般的な脱毛やり方は成育期と呼ばれる状態で手当てを受けなければならず、発毛細胞って毛が離れてしまうと脱毛インパクトが片手落ちになるケースに注意が必要です。
また、レーザーや輝きの脱毛やり方による全身脱毛の場合は毛根における発毛細胞へダメージを与える要因となるので、的確に連鎖を把握できなくても可能な限り成育期のグレードを狙った手当てが望ましいといえます。

▲ページトップに戻る