毛嚢炎にならないために

脱毛エステティックサロンによる時折、お表皮のプレッシャーが残らないように、世話にも注意しなければなりません。

意外と、脱毛エステティックサロンで加療を行った後には、お表皮に熱がこもっている状態になる結果、毛髪嚢炎になりやすくなる。
毛髪嚢炎になると、毛孔が炎症を起こしてしまいニキビという状態になってしまう。
この状態を放置しておくと、炎症が酷くなりシミが発生してしまいますので、加療後にはお表皮を冷ますようにしましょう。
表皮を冷ますことによって、溜まっていた熱もクールダウンしてきますので、表皮の炎症や赤みも改善させることができるのです。
ニキビという症状が出てきたとしても、冷ますことによりそれ以上の不整を防げるようになりますので、綺麗なお表皮を維持することができます。

しかし、氷をもちましての状態でお表皮に塗ることにより、表皮にダメージを与えてしまいますので、プレッシャーを防ぐためにはクロスを濡らして使用するようにください。

▲ページトップに戻る